基礎ゲンゴロウ学

ゲンゴロウ科

ツブゲンゴロウ亜科 Laccophilinae

2亜族認められる。

  • Agabetini
  • Laccophilini

前者は Agabetes Crotch, 1873 1属で、1種が北米東部、もう1種がイランという極端な分断分布をする遺存種。外見的にはマメゲンゴロウ類のように見えるが、産卵管の形状 ( Burmeister 1976 ) 、幼虫形態 ( Alarie et al. 2002 ) 、分子系統 ( Miller and Bergsten 2014 ) から Laccophilini と近縁とされる。(ただし、 Ribera et al. (2008) の分子系統では否定されている。)

族 Laccophilini

極地域を除く世界の大部分に分布する。13属認められているが、分布が極端に狭いもの、1種~数種で構成されている属も多い。450種近く記載されている。

日本産2属。

Japanolaccophilus Satô, 1972

キボシツブゲンゴロウ属

日本固有属で1属1種。

唯一の種であるキボシツブゲンゴロウは記載当初、東洋区から良く知られる Neptosternus Sharp, 1882 とされた。しかし前胸背板後角、前胸腹板突起先端の形状が明瞭に異なり新属が設けられた。他属との関係は調べられていない。

現生種ではないが、バルト琥珀中から見出された小型種が本属と同定され Japanolaccophilus beatificus Balke & Hendrich, 2019 の名で記載されている ( Balke and Hendrich 2019 )。

Japanolaccophilus niponensis (Kamiya, 1939)

キボシツブゲンゴロウ

北海道~九州に知られるが、九州本土の最近の記録は無い。

多くの図鑑やリストで種小名が nipponensis と記述されているが原記載( 神谷 1939 )は niponensis になっている。

Laccophilus Leach, 1815

ツブゲンゴロウ属

極地域を除く世界の大部分に300種近くが知られる。日本産12種。

日本産は止水性の種がほとんどだが、海外には流水性の種も多いらしい。

Laccophilus vagelineatus Zimmermann, 1922

キタノツブゲンゴロウ

日本からの初記録は Kamite et al. (2005) による静岡県のものだが、その後茨城県からも記録された( 柳田 2012 )。他県からの報告は現在も無く、発見後急速に個体数が減少した点、そしてどちらの地域も中国からの輸入魚が多い点から中国からの人為移入種の可能性が指摘されている( 疋田 2015 )。

ゲンゴロウ科

>ツブゲンゴロウ亜科