基礎ゲンゴロウ学

コツブゲンゴロウ科

コツブゲンゴロウ亜科 Noterinae

族 Noterini

日本産3属。3属とも形態的に良く似ているように思えるが、 Baca et al. (2017) の分子系統解析の結果ではチビコツブゲンゴロウ属とコツブゲンゴロウ属が姉妹群になっている一方ツヤコツブゲンゴロウ属は系統的に少し離れている。

Canthydrus Sharp, 1882

ツヤコツブゲンゴロウ属

アフリカから東南アジア、オーストラリア、東アジア。日本は分布の北限付近と思われる。

本科最大の属で70種近く知られる。

本属は南米に多い Hydrocanthus Say, 1823 と共に幼虫大顎にゲンゴロウ科幼虫に見られるような導管を持つとされる。

Neohydrocoptus Satô, 1972

チビコツブゲンゴロウ属

アフリカから南アジア、東南アジアに多く、一部オーストラリアから30種ほど知られる。日本は分布の北限と思われる。

Neohydrocoptus bivittis (Motschulsky, 1859)

キボシチビコツブゲンゴロウ

佐藤 (1971) に記されている Hydrocoptus sp. が国内初の報告と思われる。その後他地での記録はほとんど無かったが、1990年代後半から各地で発見され、現在では関東以西、九州まで点々と生息地が知られる。

海外ではインドから東南アジア、中国、台湾と広く知られるが、 森・北山 (2002) はタイ産と比較して別種の可能性を示唆している。

Noterus Clairville, 1806

コツブゲンゴロウ属

熱帯から亜熱帯に多い本科にあって北方で分化したグループ。旧北区に7種知られる。

Noterus japonicus Sharp, 1873

コツブゲンゴロウ

コツブゲンゴロウ
メスを捕まえたオス。この体勢からどうやって交尾にいたるのか不明。

ヒメゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ、ケシゲンゴロウといった水田的環境を好むかつての普通種はいずれも2000年代に入ってから激減したが、本種は以前に変わらず水田を泳ぎ回る姿が見られる。ただし大都市圏ではやはり減っているようで、神奈川県では絶滅危惧種に指定されている。

コツブゲンゴロウ科

>コツブゲンゴロウ亜科