基礎ゲンゴロウ学

ゲンゴロウ科

種名索引

ゲンゴロウ亜科 Cybistrinae

従来ゲンゴロウモドキ亜科に含められてきたが、最近の系統解析によって亜科を分けられた ( Miller and Bergsten 2014 ) 。ただしそれによるとツブゲンゴロウ亜科がゲンゴロウ亜科の姉妹群になり、ゲンゴロウモドキ亜科よりも系統的に近いという意外な結果になる。こうした結果は成虫、幼虫の形態に基いた解析 ( Michat et al. 2017 など) と一致しないので更なる研究によって再び見直される可能性もある。

このグループの幼虫には頭部前縁に三叉する突起があり種ごとに様々なパターンを示し同定のキーにもなる。種によっては鋭くとがるこの突起は恐らく大顎で捕えた獲物を保持するのに役立っているものと思われる。

Cybistrini 1族。

族 Cybistrini

世界に7属。オーストラリア区で分化が進んでいて、 4つの固有属が記載されている。

Cybister Curtis, 1827

ゲンゴロウ属

世界の低緯度地域を中心に 100種ほど分布するが南米では近縁の Megadytes Sharp, 1882が優先する。

Miller et al. (2007) によると 4亜属に分けられる。

  • Cybister s. str.
  • C. (Megadytoides) Brinck, 1945
  • C. (Melanectes) Brinck, 1945
  • C. (Neocybister) Miller, Bergsten & Whiting, 2007

日本産7種。クロゲンゴロウ、トビイロゲンゴロウが C. (Melanectes) で、残りは Cybister s. str.

Cybister chinensis Motschulsky, 1854

ゲンゴロウ

水面に波紋を作って泳ぐゲンゴロウ

ロシア沿海州、朝鮮半島、中国に分布するが東南アジアにはいないらしい。また、南西諸島では屋久島の古い記録が見らるのみだが、台湾には分布する。

学名は長く C. japonicus Sharp, 1873 が使われたが、 Nilsson and Petrov (2007) によって上記が適格名とされた。原記載地は北京。

通常は Cybister s. str. に含められるが、メス後肢遊泳毛の特徴から、旧北区に広く分布する Cybister lateralimarginalis (De Geer, 1774) と共に亜属を分けられることがある。 Nilsson (2001) では C. (Scaphinectes) Ádám, 1993 が当てられている。

Cybister tripunctatus lateralis (Fabricius, 1798)

コガタノゲンゴロウ

C. tripunctatus (Olivier, 1795) はアフリカからユーラシア南部、オーストラリア、西太平洋の島々に広く分布するとされるが、変異の大きな種で多くの学名が付けられてきた。 Nilsson and Hájek (2020a) はこれらを 4亜種にまとめ、日本産に対して長く使われてきた C. tripunctatus orientalis Gschwendtner, 1931 も上記学名のシノニムとしている。ただし上記の通り大きな変異が見られるので分類については包括的見直しが必要だろう。

国内では1980年代中頃までは普通種と思われていたが、普通種の常で南西諸島など一部を除いていつの間にかいなくなっていた。それが 2010年代に入って記録が増え、事実上絶滅したと思われていた近畿や北陸でも発見された。減った原因は簡単に農薬や開発のためとされたが、それらが原因だったのならここにきて増えている説明ができない。

国内では北海道を除く各地に分布するとされてきたが東北地方からは標本の確認できる記録が見当たらないようで、 中島ほか (2020) では分布を関東以西としている。

ゲンゴロウ科

>ゲンゴロウ亜科