基礎ゲンゴロウ学

日本未記録の科

国内でゲンゴロウといえばゲンゴロウ科とコツブゲンゴロウ科の総称だが、この2つの科はゲンゴロウ上科 Dytiscoidea に含まれ、他に日本には分布していない4つの科が現存している。形態的に一般的なゲンゴロウ類とかけ離れたものもあるが、この6科のメンバーが「世界のゲンゴロウ」と考えられる。

日本から見つかっていない4科はいずれも1~6種が所属するだけの小科で、世界的に大きく分断した分布を示すものが多い。

Aspidytidae と Meruidae は今のところ定まった和名が無い。

オサムシモドキゲンゴロウ科 Amphizoidae

Amphizoa LeConte, 1853

カナダ、アメリカの西海岸沿い~ロッキー山脈周辺に3種。中国四川省、吉林省付近に各1種。計5種が知られる。

体長11~15mm。低水温の流水域で石や流木にしがみついて生活し、遊泳能力は無く、時に岸辺にも見られる。また、ヒメドロムシ類のような外観にもかかわらず成虫、幼虫ともに空気交換のために水面を訪れ、成虫は尾端に気泡をつけるという。

成虫、幼虫とも肉食でトビケラ幼虫などの水生昆虫を捕食する。

北米

  • Amphizoa insolens LeConte, 1853
  • Amphizoa lecontei Mathews, 1872
  • Amphizoa striata Van Dyke, 1927

中国

  • Amphizoa davidis Lucas, 1882 四川省
  • Amphizoa sinica Yu & Stork, 1991 吉林省、北朝鮮

Aspidytidae

南アフリカ、中国に各1種。鉛直に近い岩壁を伝う深さ数mmの水流に生息する。

南アフリカでは道路脇の崖などでも見られるが、中国で知られる生息地は1か所のみ。

最新の分子系統解析では単系統性に疑問が持たれ、取りあえず2属に分けられた ( Toussaint et al. 2016a ) 。

Aspidytes Ribera, Beutel, Balke & Vogler, 2002

Aspidytes niobe Ribera, Beutel, Balke & Vogler, 2002

南アフリカ、体長6.5–7.2 mm*

Sinaspidytes Balke, Beutel & Ribera, 2016

Sinaspidytes wrasei (Balke, Ribera & Beutel, 2003)

中国陝西省、体長4.5–5.2 mm*

*体長は Toussaint et al. (2016a) より引用。

Meruidae

コツブゲンゴロウ科に近縁で、ゲンゴロウ上科の残りの科と姉妹群を成すと考えられている。

Meru Spangler & Steiner, 2005

前方に長い頭部、左右非対称な大顎、くし状の爪など特異な形態を持つ。

様々な流水環境から得られている ( Spangler and Steiner 2005 ) が、 Alarie et al. (2011) は巨大な露岩上の浅く弱い水流から多数の成虫と共に幼虫も採集している。

Meru phyllisae Spangler & Steiner, 2005

南米ベネズエラ、体長0.85–0.90 mm*。ゲンゴロウ上科最小の種。

*体長は Spangler and Steiner (2005) より引用。

ゲンゴロウダマシ科 Paelobiidae (Hygrobiidae)

科名として長く Hygrobiidae が使われてきたが Nilsson (2005) は Paelobiidae に先取権があり適格であるとした。しかしこれは広く受け入れられておらず、両名が併存する現状となっている。

Hygrobia Latreille, 1804

体長10mm前後。低地の池に棲みよく泳ぐ。

H. hermanni の幼虫はイトミミズ類 Tubificidae を専食、成虫はユスリカ幼虫など広く底性無脊椎動物を捕食する ( Balfour-Browne 1922 ) 。

ゲンゴロウ類では珍しく幼虫の胸部、腹部下面に管状のエラがある。

旧北区西部

  • Hygrobia hermanni (Fabricius, 1775)

中国江西省

  • Hygrobia davidi Bedel, 1883

オーストラリア

  • Hygrobia australasiae (Clark, 1862)
  • Hygrobia maculata Britton, 1981
  • Hygrobia nigra (Clark, 1862)
  • Hygrobia wattsi Hendrich, 2001